結婚式のクオリティを下げずにケチと言われない節約術を紹介します。業界の裏情報から値下げ幅まで暴露します!

結婚式を節約するテクニック!ケチとは違う100万円得するためのマニュアル「spartalocals.com」

*

8割の結婚式が見積もりより100万円以上も高くなる現実

結婚式をあげたカップルのうち8割以上もの組が、初回見積もりよりも100万円以上も高額な結婚式を挙げていることを御存じでしょうか。

ゼクシィ結婚トレンド調査によると、全体の81%が予定していた金額より高く支払うことになっているのです。

プラス100~120万円未満 22.3%
プラス 40~60万円未満 13.0%
プラス 20~40万円未満 11.0%
プラス140~160万円未満 11.0%
プラス220万円以上/td> 11.0%

といった内訳になります。平均として「プラス114万円ほど」とのことでした。

8割の結婚式が見積もりより高いということは、8割のカップルが100万円以上の値段上昇に了承している、ということが分かります。

それらの理由として

  • お祝い事だから出し惜しみしてはいけない
  • 取り扱う金額が高いため、値上がりについてあまり気にしなくなる(金銭感覚のマヒ)

が考えられます。

この「当初の見積もりから高くなる」ことはそもそも結婚式業界のビジネスとしての基本構造がそうなっているからです。つまり当初の見積もりは「仮見積もり」であって、値上がり前提の見積もりで契約しているのです。

逆に、そういった結婚式業界のビジネス構造を知っていれば、予算より高くなるといったことを防ぐことが出来ます。

そこで次は、その「値上がり前提の見積もりをしてしまう理由」について解説をしていきたいと思います。

パンフレットは「最高の贅沢仕様」になっている

結婚式の最初の準備として考えられるのは、

  • ブライダルフェアに行くこと
  • パンフレットを取り寄せて比較すること

などが考えられます。このパンフレットに実は「落とし穴」があるのです。

パンフレットには、ゲストを楽しませるための様々な演出があります。

  • 素敵な模擬挙式会場
  • 素敵な装飾がされたテーブル
  • ウエディングドレスなどの新郎新婦の衣裳
  • 美味しそうな食事
  • 豪華で美味しそうなウエディングケーキ
  • キャンドルリレーにシャンパンタワーなどのオプション

こういったもの写真やプランが記載されているパンフレットは見ているだけでも楽しく、結婚式のワクワクしたイメージを、カップルの頭の中にきらびやかに映してくれることでしょう。

しかし、ここで騙されないようにしてください。

パンフレットに書いてある、載っているものは「最高級にとことんお金を使った場合」のものであることが多いからです。

逆に、特に何もリクエストせずに立てもらえる見積もりは、本当に最低限度の内容のみが含まれていることがほとんどであり、パンフレットとの内容はかけ離れている場合もあります。

例として、ウエディングドレスがあります。

最低限のプランとして「15万円の範囲で選び放題」といかにもお得そうなプランがあります。なるべくお金をかけないようにこのプランを選びますが、実際に選んでみると、デザインがシンプルであったり時代遅れのものばかり…。本当に気に入るドレスは30~45万円の価格帯にあった、ということはよくある話です。
見積もり内容を確認もせずに安いプランを選ぶと、気に入ったドレスを選ぶためには費用を上げるしかない、という結果になってしまいます。

また、管理人の体験として、海外ウエディングを準備していた時があります。その時、あるプランで「無料でドレスがついてくる」といったものがありました。危うく契約しそうになりましたが、「ちょっと待てよ」と踏みとどまり、カタログや実物を見せてもらいました。

すると、選べるドレスにはデザインは良いものがあっても、質が悪いなど実際に契約していたら痛い目を見ていたようなものばかりだったのです。

こちらも同様にお得だからといって、内容を確認もせずに初回見積もりにそういったプランを入れていくと、後々ランクを挙げざるを得ず、費用が増えてしまいます。

このように、見積もりが高くなる理由の一つとして、「初回見積もり時点での結婚式のイメージが、契約する際の判断材料としてのパンフレットなどの内容と同じようなイメージであると思い込んでしまうから」、ということが考えられます。

「結婚費用値上がりの理由」といったデータにも出ており、数ある理由の中の第2位として「衣裳の追加、ランクアップのため:62.8%」と出ています。ちなみに値上がり理由の第1位は「料理を追加、ランクアップ:66.4%」です。こちらもパンフレットのイメージで見積もりを立てたところ、パンフレット程豪華ではなかったり、といったことに気づいて追加したカップルが多かったのではないでしょうか。

以上のことから、結婚式の費用増加を抑えるためには

  • パンフレットは最高級の結婚式をイメージしていること。
  • 普通に出てくる見積もりは、逆に最低限のレベルのものの寄せ集めをしているケースが多いこと。

といったことをしっかり理解しておくことが必要であると思います。

結婚式会場の決定前後で、節約できる項目が違ってくる

いまだ庶民には景気回復の実感が持てないなか、一生に一度の結婚式とはいえできるだけ出費は抑えたいと思うのが自然な感情です。

プランナーに全て任せてしまえば楽でこそありますが節約とはほど遠い結婚式になりがちなので「どんなことをすれば節約に繋がるのか」、それを式場の決定前と後に分けて考えることで、費用を抑えるために何を準備したら良いのか把握しやすくなります。

式場の決定前にできる節約ポイント

式場の決定前にできることとしては、式場のタイプやその費用などの見積もりをしっかり比べることで「式場で行える様式の自由度を把握した上での節約」が行えます。「A式場は自由度はないけれど安い」「B式場はそこそこに自由度がある割には安い」「C式場は自由度は高いけれど相場よりやや高い」という風に式場のタイプをしっかり把握すれば、ただ安いといっただけでなく「望みの結婚式を開くことができるコストパフォーマンスの良い式場」を選ぶことが可能になるのです。

もうひとつは「契約前は客側が有利」ということを利用した駆け引きです。結婚式はそれほど頻繁にあるわけでなく式場側としては利用してくれるお客様を逃がしたくないわけで、他の結婚式場を選ばれるくらいなら少し安く、あるいはサービスを増やしても自分の所で式を挙げて欲しいと思っているわけですから、それを利用しない手はありません。

新郎新婦はそういう利点を最大限利用することで割引などの交渉へとつなげることが「契約前」ならやりやすくなってくるわけですね。その具体的な交渉術などは項目別の節約方法として後ほど解説しますので、ここでは前述の二つを「結婚式場の契約前にできる節約ポイント」としてだけ覚えておいてください。

式場を決めた後にできる節約ポイント

次は式場を決めた後にできる節約ポイントを簡単に解説してみましょう。

前述とは逆に「契約後は式場側が有利」となりますが、利用者側が何も交渉できなくなるわけではありません。

式の項目を利用者側が指定することで、節約に繋げることができるのです。

専門の結婚式場ではないホテル等ですと自由度が低いため融通は利きにくいですが、それでもウェディングドレス用の小物、指輪を飾るリングピロー、ブーケ、来客者用のウェルカムボードやプチギフトなど、少し挙げただけでもこれだけあるのです。

そういった物の相場を把握し、手配先に当てをつけておくことで自分の好みを満たしつつ、優先度の低い物なら節約に繋げることができるのです。

ただ「結婚式会場によっては指定や持ち込みのできない物がある」ので、式場を決めた後、決める前でもウェディング担当者に何が節約可能なのか制約される条件などを確認しておくと話がスムーズに進みやすくなると思います。

もちろん見積もりをもらったり、式場以外で手配可能な小物の見積もりを提示して交渉することに関して、上手く話を進めるには少しコツが必要だったりします。

「できるだけ費用を抑えたいのですがどれなら大丈夫でしょうか?」といった曖昧なきき方だと担当者も戸惑ってしまうので「知人のつてや、こちらが気に入っていて結婚式でできれば使いたい物がいくつかあるのですが、この中で持ち込んで使える物はどれでしょうか?」と具体的に聞いてみましょう。

例を挙げれば、ウェディングドレスを飾る小物とそれに合わせたヘアメイク、会場装花、進行に必要な司会者やカメラマンなどですね。

それらを自分たちで用意し持ち込みした場合の見積もりと式場側が手配した場合の見積もりを照らし合わせ、可能不可能、持ち込みたい物などを担当者と相談しながらチェックをつけていくと話も進めやすいですね。前記の例以外に「一般的に持ち込み可能なもの」については後述の記事に別途記してありますのでそちらを参照してください。

こんな感じで結婚式会場を決める前と後で、節約に繋げられる項目が違うことを分かっていれば「今の時点」にあった節約とそのための準備を行いやすくなります。記載したポイントや項目を参考に行動を起こすことで、ただ節約するだけでなく満足度の高い結婚式を挙げることができるでしょう。
まとめ
「式場を決める前なら、結婚式の自由度と見積もりをしっかりと調べて式場担当者に提示し、より有利に結婚式会場の契約をする」
「式場を決めた後なら、オプションの持ち込み可否やその見積もりなどを担当者としっかり話し合い、手配を有利にすすめる」という二つの点を押さえておこうというのが今回の要点ですね。

Copyright© 結婚式を節約するテクニック!ケチとは違う100万円得するためのマニュアル「spartalocals.com」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.