時間もお金も節約したい!結婚式のプロフィールビデオを自分で作る方法!

結婚式ではプロフィールビデオがよく流されていますね。新郎新婦の2人がどういう人なのかをゲストに知ってもらうために行われます。プロフィールビデオを用意する際、結婚式場と提携している業者に依頼すると割高になってしまうので、節約したい場合は避けた方がよいでしょう。

外部業者であればその半値以下で作ってもらえる場合が多いです。市販されている専用ソフトを使いながら自分で作ればより安く済ませることができます。

しかし、選ぶ手間や使い方を覚える手間があるため、時間はかかってくるかもしれません。時間を節約したい場合はプロに依頼した方がよいでしょう。

結婚式のプロフィールビデオを自作してどれだけ節約できたか

結婚式のプロフィールビデオを用意する際、多くの方が業者に依頼しています。相場としては、結婚式場と提携している業者の場合は約6万円、外部業者の場合は約3万円になります。私たちはパソコン専用ソフトで作ったのでそれらよりずっと安く、かかった費用は約0.8万円です。

結婚式のプロフィールビデオ作成費用内容

専用ソフトの購入代金 0.8万円(オークションで定価の30%オフで落札)

結婚式のプロフィールビデオ作成ソフト一例

具体的な結婚式のプロフィールビデオの作り方と節約ポイント

私たちはパソコンの専用ソフトを使ってプロフィールビデオを作りました。時間と手間はかなりかかりますが費用面ではこれが一番安くなります。自分でプロフィールビデオを作る際、あらかじめ、イメージを固めておくと作業がスムーズになります。中々イメージできない場合は、プロフィールビデオを作っている業者のサイトを見てみましょう。様々な例を見ることでアイディアが湧きやすくなるでしょう。

自分でプロフィールビデオを作る際、昔の写真が必要となってきますね。デジタルデータがない場合も十分にありえると思います。その写真をプロフィールビデオに使う場合、その写真をデジタル化する必要がでてきます。ここでは、古い写真をデジタル化する方法についてご説明していきます。

近所の写真専門店でデジタル化

チェーン店であれば古い写真をデジタル化するサービスがあると思います。ネガがなくても大丈夫な場合がほとんどです。色褪せてしまった写真の修復、失敗してしまった写真のレタッチなど、こういったサービスのあるお店もあります。

スキャナでデジタル化

スキャナを買って写真をスキャンするという方法もあります。この方法はある程度お金がかかりますが、今後使っていく予定があるならこの方法もありかと思います。今は1枚ずつ取り込むミニサイズのもの販売されています。値段がリーズナブルだし場所も取りません。

コンビニでデジタル化

コンビニのコピー機でもスキャンはできますね。料金は1回のスキャンで約30円~50円で、取り込む際のサイズをA3にすれば一度に9枚のスキャンが可能になります。デジタル化したい写真とデータ保存用のUSBメモリを持って行ってください。なお、取り込んだ画像はパソコン上で1枚ずつ切り取っていく必要があります。私はこの方法を選びました。比較的料金が安くかつある程度の画質のよいものができます。

私は上質なものを安く作ってくれる業者を知らなかったため、自分で作りましたが、業者に依頼するのも一つの手です。自分で作れば費用自体は安く済ませることができますが、専用ソフトを選んで、使い方を覚えて、写真をデジタル化して、そして編集、、、 とかなりの手間がかかってきます。私は自分で作ってみてかなり大変だなと感じました。業者に依頼すると言っても、結婚式場が提携している業者は割高なので対象外です。外部業者でコストパフォーマンスの高いところに依頼するとよいでしょう。特にネットショップの業者がおすすめです。店舗費や人件費といったコストがかかっていない分、同等のものであっても安く抑えられる傾向があります。

まとめ
専用ソフトを使いながらプロフィールビデオ作ると費用自体は安く済ませられるが時間はかなりかかる。結婚式場と提携していない業者かつネットショップの業者に依頼するのが、時間的にも金銭的にもコストパフォーマンスが高い。