結婚式の写真やビデオ撮影で節約「素敵に格安に」

一生に一度の晴れ舞台。記念写真やビデオ撮影は生涯の思い出に欠かせないものですよね。

結婚式を予約された会場が手配した業者さんに依頼されることが一般的ですが、型どおりの撮影になってしまい、内容の割に支払いが高額に感じてしまうことがあります。

そこで、直接カメラマンに依頼すれば、ご自分の気に入った写真を撮影してもらえ、ビデオもとても素晴らしい仕上がりになることもあります。

写真やビデオを会場の業者に依頼した場合

首都圏でのスナップ写真撮影料は平均で22.4万円、ビデオ撮影は19.4万円になっています。

カメラマンに直接依頼した場合

結婚式の準備から結婚式そのもの、そして披露宴までの写真撮影で、料金は9.8万円。

会場で依頼した時より12.6万円安くなりました。

ビデオ撮影も結婚式から披露宴までで、料金は10.3万円で、会場で依頼した時より9.1万円も安くなりました。

私達が依頼したカメラマン

渋谷写真館(http://www.shibuya-studio.jp/)という業者を友人が紹介してくれたので、そこに写真撮影を依頼しました。

この業者はフリーのカメラマンがたくさん所属していて、式場で依頼する業者よりとても安い撮影料です。

依頼する前に、紹介してくれた友人の写真や渋谷写真館の公式サイトに掲載された写真を拝見したところ、驚くほど素晴らしいものばかりでしたので、すぐに迷わずお願いすることにしました。通り一辺倒の写真ではなく、小物や顔の表情から雰囲気が伝わるような写真で、すごく高いスキルがあると感じました。

笑顔あふれる表情や、幸せな空気に包まれた様子が写真におさめてくれるカメラマンさんと思いました。

撮影が終わると、データのまま渡してくれて、結婚式当日のスライドショーまで無料作成してくださいました。交通費の請求はなく、撮影枚数も制限なしで、大体500~1000枚撮るようにしてくれるということでした。

この枚数は会場の業者さんの2倍以上です。追加料金でアルバムの作成も依頼しました。請求額は2.7万円でした

私達は、そのカメラマンさんの真摯な仕事ぶりにすっかり惚れ込んでしまいました。一生に一度の結婚式という大事な日をつぶさに撮影して記録しようという意気込みを感じていて、本当に素敵なカメラマンさんに出会えました。

ビデオ撮影は、インターネット検索で見つけたアルカディアピクチャーズ(http://www.alcadia.jp/)という業者に依頼しました。サンプルを見させて頂いたところ、撮影の構図やダイジェスト版の構成が気に入ったので、こちらにお願いすることにしました。

料金は8.5万円で、出張費や送料を合わせると10.3万円になりました。現在は料金が見直されて、さらにお得な料金になっているらしいです。

結婚式の写真やビデオの撮影料を節約する具体例

早い時点で結婚式会場にカメラマンの持ち込みが可能か聞く

結婚式会場では提携のカメラマンに依頼することがプランにセットされている場合が多く、提携カメラマン以外は撮影禁止にしている場合もあります。

その場合でも、個人的に依頼したカメラマンを友人として招待する方法もあり、そういったことに対応してくれる業者もあります。早めに確認しておくこトがとても大事です。

フリーの写真撮影家に依頼

会場の提携カメラマンをキャンセルできることを確認したら、個人的にカメラマンを探します。

その時、業者に所属していないフリーのカメラマンで、ブライダルの撮影を多数こなしている方がとてもおススメです。業者が関わると、紹介料やら手数料なら取られてしまうので、直接交渉した方がお得で高品質な撮影が期待できます。

そのカメラマンの技術についてはサンプルやホームページの作品集を見せてもらって、確認しましょう。

「フリーフォトグラファーウェディング」とインターネットで検索すると、たくさんヒットしますので、気に入った雰囲気の写真を撮影してくれそうなカメラマンが見つかります。自分の大事な思い出作りの第一歩です。

友人としてカメラマンを招待する場合

外部のカメラマンを禁止している会場でも、参列者であれば撮影可能です。

会場の提携カメラマンを断るとキャンセル料が発生してします場合もあるので、外部カメラマンを友人として招待して撮影してもらうことを依頼できるかを相談してみましょう。

写真データをもらえるかを確認しましょう

せっかく撮影してもらっても、紙焼きでしか引き渡ししてもらえず、撮影料の他に写真代がかかってしまう場合もあります。

撮影データそのものを頂ければ、後は自分でフォトブックなどを安く仕上げることもできます。私達は自分のパソコンでそういったことができることを知らなかったので、アルバムを注文してしまいました。

でも、写真屋さんにデータを送れば、約0.7万円でフォトブックを作成してもらえます。

ビデオ撮影をしなければ大きくコストカット出来ます

一生に一度ということで、自分たちは当然ビデオ撮影もアリにしましたが、結婚後の5年間で1度しか見ていません。それよりも、写真データで作成した数種類のアルバムを頻繁に見ています。

そのことを考えると、ビデオはなかなか見返さないので、ビデオ撮影は無しにするのも大きな節約になります。私達の周囲で結婚式は写真のみにした人が何人かいますが、ビデオ撮影もすればよかったと後悔している人は誰もいません。

まとめ
まずは2人で結婚式はビデオ撮影するかどうか、よく話し合って下さい。
それから、結婚式場に早めに外部カメラマン可能かを確認し、外部カメラマンさんを友人として招待する必要があるかどうか相談しましょう。