招待状・ペーパーアイテムは「年配の方に依頼」と「半手作り」で節約できる

結婚式には招待状、席次表、席札といった様々なペーパーアイテムが必要となってきますね。これらは結婚式場に依頼するとかなり高くつくものですが、自分の工夫次第で質を保ったまま安く済ませることができます。ここではその方法をご紹介させていただきます。また、結婚式の招待状を送る時の素敵な演出法についてもご紹介させていただきます。

招待状・ペーパーアイテムでどれだけ節約できたか

結婚式で使うぺーパーアイテム(招待状、席次表、席札など)の一般的な相場は約6.5万円とされています。それに対して、私の場合は、「半手作り」と「手書き」により、約3.5万円に抑えることができました。約3万円も節約できたことになりますね。

招待状 1枚262円
席次表 1枚262円
席札 1枚110円
筆耕料 0円(習字を習っていた経験から書くことが得意なので自分で書きました)
それぞれ41枚必要だったので、(262+262+110)x41で約2.6万円

これに印刷代の約0.9万円が加わって、合計で約3.5万円でした。
一般的な相場と比べ、約3万円も節約できたことになります。

招待状・ペーパーアイテムの具体的な作り方と節約ポイント

筆耕をシルバー人災センターから派遣される方に依頼する

筆耕(宛名書き)はシルバー人災センターを活用するのがおすすめです。非営利団体であるため格安で依頼することができます。シルバー人災センターは地域ごとに設置されています。自分が住む地域のシルバー人災センターで検索してみてください。

市販のキットから「半手作り」する

やはり節約といえば手作りですね。ただペーパーアイテムの場合、手間やコストを考えると、完全に手作りするよりは、市販のキットを安く購入して、自分で印刷と組み立てをする「半手作り」の方がよいかもしれません。私は総合的に見てコストパフォーマンスがかなり高いと思います。

今はインターネットで様々なペーパーアイテムの作成キットが格安で販売されています。無料サンプルもあるので、一度いくつか取り寄せてみるとよいでしょう。紙の厚みや質感などを確認することができます。

インターネットにある無料のテンプレートを活用する

時間をかけてでも自分でイチからペーパーアイテムを手作りしたいという場合は、インターネットで、テンプレートを無料ダウンロードしているサイトを活用してみてください。ペーパーアイテムを作る際のソフト代を節約することができます。

以上、節約法としてこのようなものがあります。ちなみに私は「半手作り」にしました。宛名書きについては、習字を習っていた経験から書くことが得意なので自分で書きました。なので筆耕料はかかっていません。
番外編

郵便局に「風景印」と呼ばれるものがあるのはご存知でしょうか? これは記念印(消印)の一種で、各郵便局周辺の名物などが図柄となっています。鎌倉なら大仏、浅草ならスカイツリーなど、様々な風景印があり押印はどれでも無料となっています。これも結婚式の招待状に使うのもよいでしょう。二人の思い出となっている場所の風景印を招待状に押印してみるのも素敵ですね。この「風景印」については、郵便局のホームページに詳しく解説されているので、是非ご覧になってみてください。

まとめ
筆耕(宛名書き)はシルバー人災センターから派遣される方に依頼する。市販のキットから作る「半手作り」が総合的に見てコストパフォーマンスが高い。時間をかけてでもイチから手作りしたい場合はインターネットにある無料テンプレートサイトを活用する。招待状に「風景印」を使えば無料でオリジナルの演出ができる。