気軽に行ける多摩動物公園でデート

多摩動物公園は、東京都日野市にある動物公園です。

〒191-0042 東京都日野市程久保7−1−1
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

多摩都市モノレールと京王線の「多摩動物公園駅」が最寄り駅で、駅を出るとすぐに動物園の入り口そばに出ることができます。多摩動物公園の近くにはいくつかの大学があるため、時間帯によっては電車、特にモノレールは混むので、電車で訪れる場合は時間には気を付けたほうが良いと思います。入り口には大きなゾウの像が建っていて、記念撮影にもってこいの場所です。

自然豊かな多摩動物公園。どうしても子どもの行く場所というイメージが強そうですが、大人の私も、思い切って遊びに行ってみました。

広い公園を動物探して歩き回る


チケットを購入して、中に入りました。チケットは600円でした。思ったより安かったです。入ってからしばらくは、動物は見当たりません。ずっと坂道を登っていきます。のんびり歩きました。はじめに見つけた動物はツルでした。区画の中で、おとなしく立ち尽くしているツルを眺めて、他の動物も見に行きました。

途中休憩も入れつつ、4時間かけていろいろな動物を見に行きました。定番のサル、ゾウ、カンガルー、コアラなどもしっかり回りました。私が行った日は平日だったので空いていて、どの動物も近くでじっくり楽しめました。

特に印象に残った動物はタスマニアデビルです。日本には多摩動物公園にいる一匹しかいないそうです。看板の説明書きにそう書いてありました。タスマニアデビルの本能なのか、それともたまたまその個体がせっかちな性格だったのかは分かりませんが、延々と走り回っていました。しばらく見ていたのですが、途中で走り回る向きを変えていました。目が回るのでしょうか。

4時間かけて回り終わったことには足が疲れてしまいました。普段の運動不足がたたったようです。運動不足ではない方でも、運動靴で訪れることをお勧めしたいです。

お昼休憩は売店のベンチで

その日、お昼ご飯を持たずに午前中から多摩動物公園を回っていました。そのため、昼時になると、お腹がすきました。そこで、カンガルー広場、というところでお昼休憩を取りました。カンガルー広場には売店、お手洗い、自販機にベンチ、屋内の休憩スペースなどがあり、思っていたよりも快適でした。このカンガルー広場には、一緒に写真を撮るためのカンガルーの置物も設置されていました。サイズ感からして、おそらく子ども向けでしょうが、私やその友人たちはそこで恥を忍んで写真撮影しました。

満足して、退園

時間の関係上、一番行きたかったアフリカ園にあまり時間をかけられないまま、帰ることになってしまいました。しかし、他の動物たちは非常にかわいらしかったですし、園内を自由に歩き回るクジャクにも出会えたので満足です。

機会があれば、また来たいと思える場所でした。多摩動物公園は、子どもだけでなく大人も楽しめます。