結婚式のクオリティを下げずにケチと言われない節約術を紹介します。業界の裏情報から値下げ幅まで暴露します!

結婚式を節約するテクニック!ケチとは違う100万円得するためのマニュアル「spartalocals.com」

節約術

婚約指輪はどう節約する?ダイヤモンドは「4C」でなく「2C」に着目

投稿日:

婚約指輪はどのくらいの値段のものを買えばよいのでしょうか? どういった基準で選べばよいのでしょうか? 詳しく分からない方は結構多いように思います。

私自身も、色々と調査する前は漠然としたイメージしかありませんでした。婚約指輪は高い買い物となります。後悔しないようにあらかじめ基本的な知識を知っておきたいですね。

ここでは、婚約指輪の選び方や節約法についてご説明していきます。タイトルにある「2C」、これがポイントとなります。

婚約指輪でどれだけ節約できたか

私たちは、ブライダルフェアを開催しているところで、特典付きの婚約指輪を割引で購入しました。婚約指輪にかかってくる費用は首都圏平均で37.7万円と言われていますが、私たちが婚約指輪にかけた費用は22.5万円です。15.2万円も節約できたことになります。

  • 高純度のプラチナ950
  • カラットは0.26カラット
  • カラーはF
  • クラリティはVSI
  • カットはトリプルエクセレント
  • ダイヤモンドの左右にブルーダイヤモンドが付いている

私たちの費用内容

私たちが購入したのは、スタージュエリーのクリスマスシーズン限定モデル(同ブランド同じ品質のものなら27万円相当)の指輪です。定価25万円のものを1割引き(百貨店のブライダル会員対象特典)で購入しました。また、特典として、ダイヤモンドカットのアップグレード、新郎新婦の名前刻印入り特性ジュエリーボックス(0.5万円相当)がついてきました。

婚約指輪節約のポイントと具体例

※婚約指輪はダイヤモンドが主流なので、ダイヤモンドの選び方や節約法についてご説明していきます。

お店に行くのはダイヤモンドの基礎知識である「4C」を知ってから

婚約指輪を買う前に、まずは「4C」を理解するようにしましょう。これを知らないでお店に行くと割高のものを買ってしまう可能性が出てきます。

カラー(COLOR)
クラリティ(CLARITY) 透明度
カラット(CARAT) 重さ
カット(CUT) 研磨

 

ダイヤモンドの価値はこれら4つの基準(4C)を総合的に判断することで決まります。なるべく婚約指輪を安く購入するためには、まずさまざまなお店で同じ4Cの商品を比較してみることをおすすめします。同じ4Cであっても値段にばらつきがあることやどのお店が安いかが分かってくるはずです。婚約指輪は高い買い物になります。なるべく多くの店舗を比較しましょう。そして最も安いお店から婚約指輪を購入するようにしましょう。

「4C」ではなく「2C」に着目せよ

4C全ての項目においてグレードの高いもの選ぼうとすると、ついつい値段の高いものばかりに目がいってしまいがちになります。なので、私としては、4つのCのうち2つだけ優先することをおすすめします。

4Cの優先順位は、下記のようになります。

1位:カット
2位:カラット
3位:カラー
4位:クラリティです。

優先すべき2つのCはカットとカラットになります。カットとカラットは見た目ですぐに違いが分かります。逆にクラリティとカラーは素人目にはほとんど違いが分かりません。カットとカラット、この2つを優先することで、同じ値段でも見た目がより素敵なダイヤモンドを選ぶことができる、あるいは見た目の質を落とさずに費用の節約ができることになります。

古いダイヤモンドをリフォームする

ダイヤモンドは硬度がかなり高く時を経ても傷がつきにくいものです。なので、例えば親のものなど、古い婚約指輪をリフォームするのも一つの手です。新しく購入するよりもずっと安い費用で新品同様になります。

-節約術

Copyright© 結婚式を節約するテクニック!ケチとは違う100万円得するためのマニュアル「spartalocals.com」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.