あらためて上野を歩く。文化の街で幸せを見つけましょう。

みなさんは上野という街の名前を聞いて、何をイメージするでしょうか?動物園のパンダ、アメ横、美術館、お花見…たくさん出てくると思います。それこそが、上野の最大の魅力なのです。

http://www.ueno.or.jp/

がっつりと休日を楽しみたい、気分がヘコんでるのでウロウロしたい、今回はそんな素敵な街を、少し紹介してみたいと思います。

定番は、やっぱり“恩賜上野動物園”!

言わずとも知れた、人気の高い動物園です。上野恩賜公園のなかにあるので、わかりやすいですね。開園したのは、なんと1882年。100年以上の歴史があるなんて、感慨深いものです。休日に行くと、なかなかの混み具合です。

入場口に列が出来るほど混んでいる時は、動物園の前にちょこんと佇む“上野こども遊園地”で、よくクレープを頬張っていました。実はこの遊園地、2016年の9月に閉鎖されてしまいました。雰囲気のあるレトロスポットでしたが、残念ですね。

上野動物園と言えばどうしてもパンダがピックアップされがちですが、私はなんといっても爬虫類のコーナーへ行くのが好きです。あまり動かない蛇を見るのも、なかなかオツなものですよ。おすすめです。

優雅な時間を過ごしたいなら、美術館でアート三昧

さて、動物の可愛らしい魅力に癒されたあとは、オシャレな落ち着きのある場所に行ってみたいと思いませんか?上野恩賜公園の中には、美術館密集地帯があります。公園を少し抜けたところに、東京芸術大学の校舎も見えますよ。

美術館初心者にオススメなのは、東京都美術館と国立西洋美術館です。世界的に著名な画家の作品が、たびたび運ばれてきます。また、国立西洋美術館は世界遺産に登録されたので、観光客が非常に増えていますね。現在、東京都美術館では、“ティツィアーノとヴェネチア派展”、国立西洋美術館では“シャセリオー展”が行われています。

お腹が空いたら、アメ横で激安海鮮丼!

たくさん動くと、やっぱりお腹が減ってしまいますよね。そんなときは、アメ横で腹ごしらえしましょう。私のおすすめは、“みなとや”で食べる海鮮丼です。たくさんのお刺身やイクラがのったおいしい海鮮丼を、なんと500円から食べられます。情緒あるアメ横の風景を楽しみながら、お腹いっぱい食べると、自然と幸せな気持ちになれます。

上野で良い休日を。

いかがでしたか?上野に行ってみたいという気持ちが、すこし湧きあがったのではないでしょうか。私はあの街で、文化に触れて、新たな幸福を見つけることができます。ぜひ、足を運んでみて、上野の空気を体感してみてください。