会場装花の節約ポイント!見ない所は削る!生花にこだわらない!

結婚式の会場にはたくさんの装花がありますね。「花のことはちょっとよく分からないな…」と式場任せにしてしまうと費用がかさみやすくなってきます。花のことがよく分からなくても節約できる方法はたくさんあります。「人が見ない所は削る」「希望や予算をはっきりと伝える」「旬の花を使う」「生花にこだわらない」「花以外でボリュームを出す」など、これらポイントです。ここで詳しくご説明していきます。

会場装花でどれだけ節約できたか

結婚式の装花にかかる費用は平均で18.8万円とされています。

それに対し、私たちがかけた費用は17.8万円でした。さほど節約できていないのはゲストテーブルにゲスト全員分のプチブーケを置いたからです。しかし、装花費用を節約する方法は色々とありますのでご紹介していきます。

会場装花の節約ポイントと具体例

 

人が見ない所は削る

会場を花で装飾するのは、ゲストに華やかな気持ちになってもらうためです。華やかさを保ったまま装花費用を節約するためには、「人が見ない所は削る」というのが一つのポイントとなってきます。

「見えない所」ではなく、あくまで「見ない所」です。ゲストが一瞬で通り過ぎる所や花以外に注目を集めそうなものがある所は「見ない所」になります。比較的削りやすいのは玄関アーチです。これは人に見えるものですが、目にするのは会場に入る瞬間だけです。

じっくり時間をかけて見ることはほぼありません。ゲストが帰る時も通りますが、外側から飾ったアーチは見えません。ゲストからみて印象に残らなそうなところを削る。これが鉄則です。玄関アーチ以外にも、装飾を削れるところとして下記のようなものがあります。

  • 受付の花
  • 受付から会場入り口までの通路を飾る花
  • 会場に座った時に振り返らないと見ない場所(例えば、高砂が会場入り口の逆にある場合、入り口側の壁周辺など)

もちろん他にもあると思います。

希望や予算をはっきりと伝える

「ボリュームを重視したい」「なるべく華やかにしたい」「会場との一体感を大事にしたい」など、こういった希望を明確にすることも大事です。あいまいだと余計な部分でお金を使ってしまう可能性ができます。あらかじめ二人でよく話し合っておきましょう。そして予算を伝えることも大事です。相手は結婚式のプロなので、予算をはっきり伝えれば、その範囲内で希望に沿うものを提案してくれます。ちなみに、私たちの時は、「薄いピンクを基調にした可愛いらしい感じにして欲しいです。予算は〇〇円以内でお願いします。お花の種類は特別なこだわりはないのでお任せします。」と伝えました。

旬の花を使う

花には旬があります。旬の時期は収穫量・流通量が増えるため単価が安くなりやすいです。なので節約を考えるならなるべく旬の花を使うようにしましょう。「この花を絶対に入れて欲しい」というものがある場合、その花が旬でなければ割高になってしまうことがありますので、ご注意ください。

生花にこだわらない

装飾する場所によっては、必ずしも生花でなくてもよいと思います。今は造花であっても十分に華やかに飾ることができます。通常、造花の方が生花よりも単価が安く、それだけ節約につながってきます。

花以外でボリュームを出す

同じ植物でも、フルーツ・葉っぱ・木の実などは花よりも単価が安い傾向にあります。こういうものを使うと全体のボリュームを落とすことなく節約することができます。

まとめ
会場を花で飾るのはゲストに華やかな気持ちになってもらうためなので、ゲストがあまり見ないようなところの装飾は不要。希望と予算をはっきりさせることで余計な出費をおさえる。旬の花・造花・フルーツ・葉っぱ・木の実などは比較的単価が安いので節約につながる。