結婚式の総額は高い?割引キャンペーンに騙されないために

皆さんは友人や知人の結婚式に参加したことはありますか。自分が参加した結婚式には総額いくらくらいかかっているかご存知でしょうか。

私はいざ自分の結婚式を行うときに、みんないくらかかったのだろうと思いながら、なかなか直接聞くことができず、きちんと知らないままでした。

「結婚式費用は高い」

みなさんもそんなイメージを持っていることと思います。しかしそれにはちゃんと理由があったのです。

ビジネスのルールとして、企業の収益は売上から必要経費を引いたものとなります。そのため売上が収益の基本です。

その売り上げは

「客数(どれくらい多くの人に)」「購入回数(どれくらい多く)」「客単価(1人当たりいくら払うか)」の3つの要素で計算できます。

これを結婚式会場目線で考えてみましょう。まず「客数」はどれくらいのカップルが結婚するかです。

これは結婚式会場側で増やすことが難しいです。次に「購入回数」はどれだけ結婚式をやってくれるかです。結婚式は一生に一度のことが多いもの。これは大体1回と決まっています。

ではどうやって売上を増やすのか。それは「客単価」。つまり、どれだけ1件当たりを高くするかが問題になってくるのです。しかし、お客さんは相場を知らない。だから値段を高く設定しても分からないままで、契約をしてしまうことが多いのです。これが、結婚式費用が高くなる原因なのです。

例えば、新しい家電を買うときにはいくつかの家電量販店を見て回ったり、価格比較サイトなどを見てリサーチをすると思います。リサーチをして相場を知ることで、この値段が妥当かどうかを知ることができ、結果よい買い物ができます。これは結婚式も同様です。しっかりと比較して、相場を知ることが大事なのです。

特別な割引キャンペーン、当日割引のカラクリ

まず、リサーチをするために結婚式場見学会やブライダルフェアに出かけましょう。一通り見学を行ったあとに、「特別な割引キャンペーン」を案内されます。「今日契約してもらえば、ドレス代は特別割引になります」「本日見学された方限定で、結婚式費用最大半額割引です」などの魅力的なキャンペーンを提示されると、どうしてもお得感を感じてしまうと思います。

しかし、そこが落とし穴なのです。特別な割引をしてあるように感じますが、実はそれだけ割引ができるのは、それだけ割引をしてもななお、会場側にメリットがあるからなのです。

結婚式場もビジネスです。きちんと収益が出るよう計算してあります。特別な割引分はすでにお客さんが支払う代金の中に含まれているもの、と考えたほうがよいでしょう。

結婚式会場見学会やブライダルフェアで、おいしい料理やきらびやかなドレスを見てついつい浮かれてしまいますが、その割引やキャンペーンが本当に得なのか、冷静になって考える必要があります。そんなときが、特別な割引にはカラクリがあるということを頭に入れて話を聞いてみるとよいでしょう。大事なのは「本当にお得なのか」ということです。

では、どうやって結婚式費用を抑えるのか。

ケチることと節約することは違う「望むものをできるだけお得なルートで手に入れる」が大切

ケチることと節約することは違います。結婚式は一生に一度のものです。

それならば「満足できる質をできるだけ低価格で!」を目指しましょう。基本的には「望むものをできるだけお得なルートで手に入れる」ことが大事です。例えば、欲しい洋服があったとします。

同じものがA店では1万円で売っていて、B店では8000円で売っていたら、あなたはB店で購入するでしょう。ウエディングドレスも同様です。

同じウエディングドレスでも、結婚式会場の衣装部でのレンタルでは約20万円でも、外部の衣装レンタルを利用すれば約5万円で借りることができます。重要なのは、同じ品物やサービスでも入手ルートが違えば値段が変わってくるということです。