結婚式のクオリティを下げずにケチと言われない節約術を紹介します。業界の裏情報から値下げ幅まで暴露します!

結婚式を節約するテクニック!ケチとは違う100万円得するためのマニュアル「spartalocals.com」

節約術

素敵なブーケを最安価格で手に入れる方法

投稿日:

新婦をより華やかに見せてくれるブーケ、これは式場に用意してもらうのが一般的ですが、自分で手配することもできます。工夫次第で節約することもできます。ここではそのポイントをいくつかご紹介していきます。

ブーケでどれだけ節約できたか

ブーケ1個あたりにかかってくる費用は平均で3.2万円と言われていますが、私は、ブリザードフラワーの講師をしている義母と一緒に手作りをしたので、かかった費用は材料費のみで0.25万円でした。2.95万円の節約になっています。

ブーケ費用の内訳

かかったのは材料費の0.25万円のみ。材料は東京浅草橋にある激安問屋で購入しました。ブーケを作り終わった後に、材料がたくさん余っていたので、もっと安く抑えることも可能だと思います。

ブーケの節約ポイントと具体例

外部からの持ち込みが可能であれば外部に依頼する

式場と提携している花屋に依頼すると割高になります。どこかに依頼するとすれば、なるべく外部にオーダーした方がよいでしょう。ただ、ウェディングプランとブーケがセットになっている場合は、セット価格からブーケ代の分を値引きしてくれるかどうかをあらかじめ確認した方がよいです。持ち込みOKだがセット価格からの値引きはないというケースも中にはあります。

個人で請け負っている人に頼む

インターネットで検索すると、個人でブーケの作成を請け負っている方が結構見つかります。業者よりも価格設定がリーズナブルだし、デザイン面において細かい対応もしてくれます。もちろん、手作りよりは少しお金がかかってきます。自分の時間を節約したい人におすすめです。

 

ブーケは手作りする

手作りは多少手間はかかってきますがかなりお得な方法です。ネット通販などで手作りキットを購入するか、個人のブーケ教室を利用するとよいでしょう。提携店に依頼すると3万円するものが、手作りなら0.5万円以内でできてしまうことがあります。私自身、ブリザードフラワーの講師をしている義母から教わりながらブーケを作りました。初めての経験でしたが、やってみると思っていたような難しさはなく、楽しみながら作ることができました。

花の種類を指定しない

ブーケの作成をどこかに依頼する場合、花の種類を指定してしまうと料金が高めになってしまうことがあります。季節上手に入りにくいものや、在庫数が少ないものも中にはあるからです。花の種類に関して特別なこだわりがないのであれば、依頼をする時に、「花の種類は問いません」と伝えるようにしましょう。

造花を使う

一般的に、造花は生花やブリザードフラワーよりも値段が安いですが、本物と見間違うほどクオリティの高いものもあります。節約のために造花にしてもよいでしょう。

葉物や実ものを活用してもらう

同じ植物でも葉っぱや実の方が花よりも値段が安いです。それでも花並みに華やかさを演出してくれるものもあります。節約のために葉っぱや実を活用してもよいでしょう。

お色直しの度にブーケを変えない

お色直しの際、同時にブーケも変えるのが一般的ですが、必ずそうしなければならないという決まりはありません。ブーケが2個になれば値段は2倍になります。お色直しをする場合でも、どの衣装にも合うブーケにしておけばそれだけ節約になりますね。

まとめ

まずはブーケの持ち込みが可能かどうかを確認する。可能であれば、外部の業者に依頼する、個人で請け負っている人に依頼する、自分で手作りをするといった選択肢がある。やはり手作りが一番安い。どこかに依頼する場合は余計な出費をおさえるために花を種類を指定しない方がよい。造花・葉っぱ・実など花より単価の安い素材を使う。どの衣装に合うブーケを用意しておくことで節約ができる。

-節約術

Copyright© 結婚式を節約するテクニック!ケチとは違う100万円得するためのマニュアル「spartalocals.com」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.